初心者の方を対象としたPCを利用した動画制作のサポートサイトです。

>

PCを利用した動画の作成とPCに求められるスペック

動画作成にはソフトやツールが便利

基本的な動画の作成方法としては、素材となる画像を作成ないし収集し、それこそアナログ映画のフィルムのように一コマずつ繋げて作成する手法や、既存の動画を切り貼りして作成する手法などが考えられますが、いずれも未経験者や予備知識のない方が取り組むには敷居が高すぎますし、相応の時間がかかります。

そこで、動画作成に役立つのがソフトやツールです。
PC技術の進歩や動画配信サイトの普及に伴い、動画作成・加工関連のソフトやツールも多様化しているため、シーンを繋ぐことができるものや画像を加工できるもの、動画のデータ形式を変更する「エンコード」を行えるものなど、ソフト・ツール共に動画を作成する上で役立つものが、有料のものから無料のものまで多数あります。

PCを使い動画を作るのであればソフトやツールは有効に活用すべきなのです。

ソフトやツールを活用可能なOS

PCを利用した動画作成において大いに役立つソフトやツールですが、PCのスペック、中でもOSによっては、DLできても使用できない場合があります。

原因として考えられるものの一つがソフトおよびツールの互換性です。
多くの場合ソフトまたはツールは対応可能なOSを明記しています。
互換性のないOSを使用している場合ソフト・ツール共に起動要件を満たせなかったり、起動できても不具合が起きたりと様々なデメリットが生じてしまうのです。

このような事態を避けるために、最新のOSは互換性の低さから、二~三世代前のOSはOSに対する販売元のアップデート期間の短さからそれぞれ避けるべきでしょう。
ソフトやツールを利用したいのであれば、OSにも焦点を当てて、PCを選ぶ必要があるのです。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る