動画制作に必要なPCのスペックはどれぐらい?

初心者の方を対象としたPCを利用した動画制作のサポートサイトです。

PCを利用した動画の作成とPCに求められるスペック

PCでの動画制作の垣根が下がったとはいえ、未経験者が予備知識や一切の補助無しにいきなり動画を制作するのは難しいものです。 ソフトやツールは正しく使用すれば、動画制作の難度を下げユーザーを補助することも可能となりますので、ソフトやツールで可能なことを抑えておくとよいでしょう。

動画制作ソフト・ツールとOS

動画配信サイトの発達によって動画が身近になった昨今は、PCユーザーが動画制作に関心を持つことも珍しくはありません。
一昔前は専門性が高く難しかった動画制作も、PCスペックの向上や、動画制作に利用可能なソフトやツールの開発や配布が進んだこともあって、垣根はかなり低くなっています。
極端なことを言うなら動画の質にこだわらなければノートPCやスマホで動画を制作することも可能なのです。

一定以上のクオリティの動画制作に求められるPCのスペックも、型が古すぎない2013年以降のデスクトップPCであれば十分に満たせますが、CPUの性能の高さとHDDの容量は動画の作成にとって重要なので、ノートPCを購入する場合は特に注意が必要でしょう。

ちなみに本格的な動画作成を行うのであれば2010年以降製造のCPU、8GB以上のメモリ等のスペックやSSDやHDの外付け等が要求されますが、高額になりますし、ここまで必要とされる方は動画作成専用のPCを必要とされるレベルにありますので、ちょっと動画を作ってみたいくらいの方には過剰な性能かも知れません。

短時間の動画であれば、HDDの容量が既に飽和状態である場合を除いて、現在流通中のデスクトップPCや高性能なノートPCで作成可能ですので、動画の作成の興味をお持ちの方は、ネットで素材を収集した上で、フリーソフトやフリーツールを使用して、まず短い動画を制作されてみてはいかがでしょうか。

動画制作の注意点とCPU・HDDの重要性

PCでの動画制作にあたり重視されるPCのスペックは複数ありますが、CPUの性能とHDDの容量は、演算処理を担うことから、PCを利用した動画制作の全般に大きく関係します。 CPUとHDDの役割と重要性への理解が深まれば動画制作のみならずPC全般への理解も深まるはずです。

素材の質と動画の質

素材は画像であれ、音楽であれ、動画の質を決定づける要因となり得ます。 そのため画素数や音質の向上とPCの処理能力のバランスの調整は、PCでの動画制作に当たって是非知っておいていただきたい事柄です。 素材と動画、動画制作とPCスペックのバランス調整にお役立てください。

▲ TOPへ戻る